ふしぎなえらーのおくりもの

大きなお友達の諸君はポケモンはプレイしているだろうか?

私はやってる、ただし図鑑集めだけ。レート?何それ?
近年は遅れ気味だけど全国図鑑は埋めていたいし、ちょっとずつ色違いも増やしたい。


そんな僕の強い味方が「ふしぎなおくりもの」だ。
映画配布ポケモンの再配布から色違い、特性違い、と最近頻度も多く頼りになる。

これはその「ふしぎなおくりもの」と3DSを巡って発生したエラーについて、任天堂と2か月間にわたって闘った記録である。

 

  • 1:突然のピンチ

そんな私が発売日に買って放置していたウルトラサンをつけて、早期特典のたそがれイワンコを受け取ろうとしたのは期限ぎりぎりの1月10日。

よい子はこんな夏休みの宿題みたいなことしてはいけないが、油断していた。

 

テテーーン!!

f:id:sclvs:20180303163914j:plain

こんなエラーが出た。

 

当然Q&Aをぐぐる。案内は

「一時的な不具合の可能性があります」
「ネットワーク環境が不安定になっている可能性があります」

とのことで、再起動とか通信設定の確認、やり直しとかごく当たり前のことしか書いてなかった。

 

この時は寝かせば解決するかな、なんて甘い考えを持っていた。

 

  • 2:サポートセンターへ

くだんのイワンコ自体は〆切当日、友人の3DSに自分のソフトを刺すことで、自宅のネットワークで受け取りに成功した。ハードを変えてエラーがなかったなら、問題はハードにあると見るべきだろう。

しかし、そう単純ではなかった。ウルトラじゃないサンムーンや、他のソフトの通信は一切問題がなかったからだ。

そうなるとエラー箇所特定が素人にはできない。

ていうか特定できても直せないけど。

他の配布も控えていることであるし、大人しくサポートセンターに修理依頼してウルトラサンと3DSを郵送した。

これが1月24日のことである。

 

  • 3:直ってない!!

2月3日、DS達がセンターから帰ってきた。
着払いで送料含め4000円くらい請求され、「ソフト一本分やんけ・・・」と嘆きながらも当然直っていると思い開封する。

明細にはこうだ。

f:id:sclvs:20180303170523j:plain

分からなかったのかよーーー!!!!

頼んでいない部分を修理されてお金を支払ったようだ。しかも肝心のふしぎなおくりものは

直ってませーーん!!!

えええ、サポセンで起きなかったのに??どうしろと言うんだ!????

明細には「やっぱり直ってなかったらここ電話してね!」と案内がある。嫌な予感がするが電話するしかない。

そしてここから泥沼化していくのである。

 

  • 4:電話たらい回し

まずは指定された「任天堂テクニカルサポートセンター」に電話する。機器のトラブルを対応する場所のようだ。

電話したこの日2月3日は土曜で、かけてもなかなか繋がらない。順番待機中のやたら軽快なBGMを聞くことしばらく。オペレータに繋がる。

いきさつを説明。すると

 

オペレータのお姉さん「大変申し訳ございません。一度修理に出されているとのことですが、こちらのセンターは修理の管轄ではないので、修理の詳細を把握できません。そこで修理部門のサービスセンターにおかけ直しをお願い致します。」

 

えええ~~~!!!

指定された場所に電話したんですけど!

情報共有と管轄管理しっかりして任天堂~!!

 

まだ大丈夫だ。焦る段階じゃない。ステイ、ステイ、自分。
落ち着いて指定された方に電話するんだ。

 

オペレーターのお姉さん2「この度は、こちらの案内不手際で何回もお電話をさせてしまい以下略。
通信エラー関連ですので、最初にお電話して頂いた方で間違いございません。大変申し(中略)
本来こういったことはしないのですが、こちらのミスですので、テクニカルサポートセンターから折り返しさせて頂きます。」

 

なるほどぉ~~?

大事になってきたぜ、とことんやってやろうじゃないか(ヤケクソ)

 

 

続く!!!書き終わらなかったのでまた今度書きます!!