ポケモンを真顔で狩る大人達

ウェブサービスの必須案件であるお節介通知機能、はてなブログにもあるようで、

「一か月も記事が更新されてないンゴ!!なんか書けよwwww」

とのメールをもらった。

 

うるせぇ、こちとら忙しいんだ。

 

 

それはともかく、ついにポケゴも一周年になりやっとこ伝説が実装された。

私も便乗して、春に一旦は引退したポケゴを再開してみた。

イベント開始やアメリカリアルイベ大爆死の話はネットニュースになっていたが、私は今週の初めまでは日本での盛り上がりには懐疑的だった。

明らかにプレイヤーが減っているからである。

当初とりあえず全員ダウンロードしたであろう私の知り合い達の中で、まだ続けているプレイヤーは1人になってしまった。

世間でもポケゴブームはとっくに過ぎたとされている。

 

しかし、それは勘違いだった。

にわかの自分が飽きただけで、ガチ勢は山ほどいたのだ。

 

一昨日の夕方に、去年絶好のポケゴスポットとしてトレーナーを集めていた駅前の橋にいってみた。

ちょうどフリーザーレイドが発生していたからだ。
すると、いた。めっちゃいた。


見回すと、トレーナー、トレーナー、通行人、トレーナー、通行人、トレーナー。

 

真剣な眼つきで棒立ちになりスマホをスッスするサラリーマントレーナー達が大多数で、若者、中高年を含め軽く50人はいる。

20人で満員のレイド部屋がいくつも同時に発生しているのだ。

参加者のプレイヤーレベルも平均33くらいはある。

レベル28のへっぽこですまない。

 

その光景にめちゃくちゃワクワクした。

嬉しかった。

一度やめた自分が言うのもなんだが、大好きなポケモンの肝いりアプリがオワコン化したら悲しいな、と思っていたので。

なんというか、ついにスマホゲーが真にソーシャルゲームになったのを見た気がした。

 

なにしろ勢いでレイドパス(一日二回目以降は課金アイテムぅ…)を買ってしまった。

なお、この日はフリーザーを取り逃がした。

 

 

 

イベントスケジュールと運営に追い回されるスマホゲーは欠点も多いけど

リアルタイム性が発揮された時の楽しさは、やっぱり最高だと思う。

 

去年末の魔神柱狩り(FGO)も最高に楽しかったけど、ツイートが回ってくるだけだから、具体的にどんなやつらがいるのかは見えない。

でもポケゴは参加してる人の顔が見える。

こんな人がいるんだって知ると、より嬉しい。

一年前、過剰な騒ぎではあったけどとにかくワクワクしてたことも思い出して、少しモチベを取り戻した。

 

 

またちょこちょこやろうかなって思う。

ありがとう。

フリーザーもゲットできたよ。

 

f:id:sclvs:20170729005606p:plain