Wi-fiインフラ格差

先月ポルトガルに行ってきた感想の補足のようなもの。

 

一番意外だった日本との違いはフリーWi-Fiの整備度合い

 

日本はまだフリーWi-Fiって「大手の施設での充実したサービスの一貫」って感じで

大概は会員登録とか要求されちゃって、面倒で結局使わないことも多い。

 

一方、ポルトガルの街中はかなりWi-Fiが通ってた。

町の雰囲気は都会でもないのだけど、モールとか市場とかカフェとか人が集まるところでは割と提供されてた。

しかも登録不要で立ち上がるブラウザで同意→使用、みたいにタップするだけのもあって楽だった。

 

 

日本はWi-Fiインフラ後進国というのは本当だったのだ……(´・ω・)

もちろんセキュリティが~って懸念は大いにあるけど、グーグル先生に頼り切っ生きてる人間にin海外なら細かいことは気にしてられないからね。

今後はまあ通信環境がインフラと見なされる動きはより強くなってくのかなぁ。

ポケモンを真顔で狩る大人達

ウェブサービスの必須案件であるお節介通知機能、はてなブログにもあるようで、

「一か月も記事が更新されてないンゴ!!なんか書けよwwww」

とのメールをもらった。

 

うるせぇ、こちとら忙しいんだ。

 

 

それはともかく、ついにポケゴも一周年になりやっとこ伝説が実装された。

私も便乗して、春に一旦は引退したポケゴを再開してみた。

イベント開始やアメリカリアルイベ大爆死の話はネットニュースになっていたが、私は今週の初めまでは日本での盛り上がりには懐疑的だった。

明らかにプレイヤーが減っているからである。

当初とりあえず全員ダウンロードしたであろう私の知り合い達の中で、まだ続けているプレイヤーは1人になってしまった。

世間でもポケゴブームはとっくに過ぎたとされている。

 

しかし、それは勘違いだった。

にわかの自分が飽きただけで、ガチ勢は山ほどいたのだ。

 

一昨日の夕方に、去年絶好のポケゴスポットとしてトレーナーを集めていた駅前の橋にいってみた。

ちょうどフリーザーレイドが発生していたからだ。
すると、いた。めっちゃいた。


見回すと、トレーナー、トレーナー、通行人、トレーナー、通行人、トレーナー。

 

真剣な眼つきで棒立ちになりスマホをスッスするサラリーマントレーナー達が大多数で、若者、中高年を含め軽く50人はいる。

20人で満員のレイド部屋がいくつも同時に発生しているのだ。

参加者のプレイヤーレベルも平均33くらいはある。

レベル28のへっぽこですまない。

 

その光景にめちゃくちゃワクワクした。

嬉しかった。

一度やめた自分が言うのもなんだが、大好きなポケモンの肝いりアプリがオワコン化したら悲しいな、と思っていたので。

なんというか、ついにスマホゲーが真にソーシャルゲームになったのを見た気がした。

 

なにしろ勢いでレイドパス(一日二回目以降は課金アイテムぅ…)を買ってしまった。

なお、この日はフリーザーを取り逃がした。

 

 

 

イベントスケジュールと運営に追い回されるスマホゲーは欠点も多いけど

リアルタイム性が発揮された時の楽しさは、やっぱり最高だと思う。

 

去年末の魔神柱狩り(FGO)も最高に楽しかったけど、ツイートが回ってくるだけだから、具体的にどんなやつらがいるのかは見えない。

でもポケゴは参加してる人の顔が見える。

こんな人がいるんだって知ると、より嬉しい。

一年前、過剰な騒ぎではあったけどとにかくワクワクしてたことも思い出して、少しモチベを取り戻した。

 

 

またちょこちょこやろうかなって思う。

ありがとう。

フリーザーもゲットできたよ。

 

f:id:sclvs:20170729005606p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FGOと、砂時計の砂のごとくファーーっと消える時間について

FGOの膨大なデータがダウンロードされる間の暇を持て余した神々の遊びを思いつかなかったので、私は今これを書いている。

 

f:id:sclvs:20170729011914j:plain


スマホ用ソシャゲ、それもツイッタートレンドを賑わすレベルの人気作が出てきたのなんてここ数年のことなのだが、既にかなり生活を蝕まれてる。

 

しかも、止め時が見つからないのにどんどん新しいタイトルが出てきて困ってる。

もちろん、ちょっとだけ流行りに便乗しては辞めてるのもある。

  • コイキングは知り合いの名前をつけるのも飽きて消した。勝手にあの世でギャラドスにでもなっててくれ。
  • ノアリスはこれ以上の大量詫び石が望めないのでアンインスコ必至。鯖が軽くなるよやったね!!
  • アイナナも色々教えてもらったけど、続かなかった、ごめん。
一方で、前から続けてるのもある。
  • PGOはカントーコンプ以降イベント時だけにしてる。健康は捨てた。
  • ポケランがサービスの継続が危ういので自然にフェードアウトできるかも。
  • デレステはその性質上、時々シャンシャンするのでも楽しい。
  • FGO…お前だよ問題は。
 
お前だよ!!!ガチ勢になるほど辞め時が見つからないんだよ。
メンテが終わるとメンテが始まるのを見守りながら、クソUIをポチポチしがら、前線を走ってきた意地みたいのがある。

これまでは「課金を控えればヘーキヘーキ!少ない料金でエンジョイできるコスパ抜群娯楽!!課金しなければ!!!」って思ってきたけど、

これ…払ってるのって金じゃなくて時間なんだよな………って思って、最近絶望してきた。

 

多大な労力(時間)を払ってプレイして二次創作作ってツイッターで盛り上がってくれてるファンが収益源。

つまり時間(をかけることによる宣伝)を対価に、でぃらーぃとわぁーーくす(´・ー・)から娯楽を享受してると言える。

 

ポケモンSMの図鑑すら埋まってない。買った小説を読んだのが半年後。

私の有限資産である時間は、ここしばらく大方でぃらーぃとわぁーーくす(´・ー・)その他に吸われてしまっている。

支払う課金を減らす前に、支払う時間を減らす方法を検討しないといけん。どげんかせんといかんのですよ。

 


時にまだデータダウンロードしてるんですが、いつになったらFGOプレイできます?

 

 

ぶろぐ始めました。

 

SNS全盛期すら過ぎたかもしれない今になって、なぜ冷やし中華ではなくブログを始めたのか。

理由は大体二つある。

 

➀圧倒的(日本語力)成長のため

私の知り合いなら全員知ってると思うが、私は話が長い。とても長い。

しかもn回に一回は(´・ω・`)?みたいな顔をされる。

 

まあそれは昔から自覚してたけど、最近ちょっとへこむことが2つあった。

 

一つは、卒論をチラ見した教授に「日本語が変」って言われたこと。

具体的にどう変かは知らん。なお、研究室に落ちてるから読んだら、ってオススメされた本は結局見つからなかった。

 

もう一つは、趣味の引き出しを増やすのに小説書くのにチャレンジしたこと。

別に下手の横好きで構わないと思っていたが、そういう問題ではない感じだった。

「脳波がツイートされてる」表現よろしく思考が垂れ流されてるだけで、まるで計画性がない。

思考があまりにもボトムアップというか、ボトムの断片しか生成されてないなって痛感した。つらみがとても深い。

 

なんでまあ140文字より長い文を書く機会を増やしたかった。

 

➁精神衛生への保険

巷では「社会人になるとパッケージゲームとかやる時間的余裕がない」みたいによく言われるが、まだ学生なのにその状態に陥ってる自分に気づいてしまった。

 

たぶん一番(パッケージ)ゲームやってたのは小学生の時だし、一番小説読んでたのは中学生の時。

近年の膨大な余暇は、ツイッターとよくわかんないスマホゲーとネットサーフィンでほぼ終わっている。

 

しかし、惰性でなく能動的にする趣味がないと、将来的にメンタルが簡単に豆腐になってグシャァすることは百も承知。

今は、学生の間に色んな引き出しを作っておこうと錯綜し始めた所。

 

その対策の一貫として140文字より長く呟く場を作っておきたかった。

 

 

以上の理由で思いついたらすぐ実行。僕は意思が強いフレンズなんだ。
何に使うかは全く考えてない。